体入ちゃん

キャバクラやガールズバーやセクキャバの面接に行く前に

セクキャバに来るお客さんの特徴と嫌な所をまとめました

セクキャバで働こうか悩んでいましたら、稼げる金額仕事内容の他に、そのお店に来る男性客にどんな人が多いのかも判断材料にしてみて下さい。

客層と言うのは働く上で非常に大事で、これが合わないとストレスを強く感じますし、精神的に病んでしまうこともあります。

お客さんの種類

セクキャバを良く利用する男性客のタイプをまず紹介します。

団体サラリーマン

これについては「セクキャバやいちゃキャバにはキャッチに連れられて来るお客さんが多いので接客が楽なんです!」でも書いているのですが、団体のサラリーマンなどが2次会に利用するパターンが多いです。

同僚や友人同士で飲みに来て騒いで帰る。

この需要が最も大きいのです。

キャバクラだとエッチなことはできない、風俗だと団体で行く意味がないし、お酒も飲めないのでセクキャバを選ぶのです。

好みの女の子に会いに行くのではなく、カラオケに行くのと同じような感覚で来店するので、色恋の駆け引きをする必要が無く、適当に盛り上げておけば良いだけなので接客が楽なのです。

風俗を特別視

夜遊びに慣れていない男性の中には「風俗に行くのはちょっと怖い」「風俗に行ってしまったら負けた気がする」と考えている人も多く、持て余してしまった性欲を発散させるために風俗じゃないのに少しエッチなことが出来るセクキャバを利用する人がいます。
(ソープやヘルスに行きたいけどお金が無い人はピンサロやオナクラに行くので、セクキャバに来る理由がお金が無いからと言う人はほとんどいません。)

夜のお店に慣れていない男性の方がセクキャバにハマってしまう傾向は強く、頻繁に通ってくれるお客さんになる可能性が高いので、上手く胸を触らせたりキスしたりして(奥手なので自分から触れない人が多いです)、指名に繋がる様な接客を心がけるようにしましょう。

団体客の多いセクキャバではこういうお客さんを掴まないといつまで経っても時給が上がりません。

風俗に興味なし

夜遊びになれていないお客さんが来る一方で、風俗に行き慣れているお客さんも同じようにたくさん来るのですが、この人たちの多くは業務的な抜きサービス(射精させられること)に飽きているから来ていて、とても面倒な客である可能性が高いです。

何が面倒かと言うと、過剰サービスを要求してくるのです。

過剰サービス要求

セクキャバの接客は胸を触れらたり、キスをしたりするのに耐えられればキャバクラなどに比べればずっと楽と書きましたが、過剰サービスを要求して来るお客さんをかわす作業はとても疲れます。

しかも質が悪いのは、寸止めのサービスを受け続けたお客さんが酔った勢いで本能のままに要求してくるのでは無く、他の客にはさせないことを自分はしてもらっていると言う優越感や達成感を求めて要求する、つまり最初からそれ目的で来店してるお客さんばかりなので、普通に拒否するだけでは止めてくれない場合が多いことです。

過剰要求には次のようなことがあります。

下半身を触る

ハードセクキャバじゃないのに指入れしようとしてくるお客さんは多いです。

過剰要求客はハードセクキャバで指入れするのではなく、普通のセクキャバで指入れすることで達成感を感じるのです。
(つまり別に指れがしたい訳では無い)

※追記
このタイプのお客さんはどの業種にもいて、ヘルスやデリヘルで本番強要したり、S着ソープでNS要求したりする人はたくさんいます。

下半身を触らせる

服装の上からでもお客さんの下半身を触るのはNGとなってるお店が多いのに手を下半身に誘導したり、酷い場合はズボンの中に入れようとしてきたりします。

そして最終的に抜いてと要求してきたり、ちょっと舐めてと言ってきたり。

アフター

セクキャバではキャバクラやクラブの様にアフターに行くのを促して来るお店は少ないです。

アフターでは店内でできないことを要求する男性客が多く(キャバクラのアフターではカラオケなどでお触りをする人が非常に多いです)、店内でキスや胸を揉んだりしてる人が何を要求して来るかなんて簡単に想像できるので、女の子の負荷が高過ぎて辞められてしまっては困るからです。

それでも誘ってくるお客さんはたくさんいますので、上手く断らないとけません。

「セクキャバのアフターで行くところはラブホテル」なんて考えの男性とアフターに行くのは危険すぎますから。

店員に言うのはどうなの?

過剰サービス要求されたり、アフターに誘われたりした時にすぐに店員に「このお客さんルール違反です」と告げ口してはいけません。

キャバクラやガールズバーに比べると客層が悪いセクキャバには過剰サービス要求するお客さんがとても多く、そういう人たちへの接客を拒否していたらお客さんの大半を失ってしまうことになります。

なのでセクキャバ嬢はお客さんのそういう要求や誘いを上手くかわし、「次来店したらさせてもらえるのでは?」くらいの希望を持たせて帰らせなといけません。
(昔からよく言われている「やらずぼったくり」ですね)

同僚が敵

過剰サービス要求するお客さんが多いのは、過剰サービスをすることで指名を取っているセクキャバ嬢がかなり多いと言うことです。

風俗で働くとタイプではない人、生理的に無理な人とも性行為をしなければいけませんが、セクキャバの枕営業ならば相手を選べますので、元々性行為が嫌いじゃない女の子はどんどん枕営業します。

その為に「セクキャバのアフターで行くところはラブホテル」と当然のように考えるお客さんがたくさん出てくるのです。

店内で自分から過剰サービスしている女の子には店員が注意することはできますが(注意しないお店は辞めましょう)、アフターなどでラブホに行っているのまでは把握できないので、横行してしまうのです。

他にもいる嫌なお客さん

過剰サービスを要求するのではなく、ルールを守った遊び方をしているお客さんの中にもたくさん嫌な人はいます。

乳首

胸を揉むのではなく乳首をずっとコリコリしている人、強い力で摘まむ人、舐めるのではなく噛む人が非常に多ので、セクキャバで働くと必ず乳首が痛くなります。

AVや間違ったSMの知識などから女の子がそれをされると感じると勘違いしている男性が大半なので、「優しく触った方が気持ち良い、感じる」とハッキリ伝えましょう。

舐める

胸と言うか乳首を舐めるのではなく、耳を舐めたりする男性客もいます。

耳を舐められると感じると言う女性もいるので仕方ない部分があるのですが、シャワーが浴びられないセクキャバでされると不衛生で嫌です。

また、何故か顔を舐めたりする人もいて、化粧を直さなくてはいけなくなることもあります。

唾液交換

「唾を飲ませて」と言ってくるお客さんがいて、これは気持ち悪いですがまだ許せますが、「俺の唾を飲んでくれと」言ってくるバカなお客さんもいます。

酷い場合にはキスをしながら唾を押し込んできたリ・・・。

また、お酒や氷の口移しを要求されることもあります。

キスマーク

女の子が商品で、それを傷つけることの意味を理解していない人は多く、胸を舐められている時にキスマークをつけようとして来るお客さんもいます。

もしつけられてしまったら太客でもなければ店員さんに伝えましょう。

暴言・説教

セクキャバに限らずキャバクラや風俗でもなのですが、日頃のストレスを解消する為に女の子に当たり散らす人やマウンティングしてくる人もたくさんいます。

最初はイライラすると思いますが、すぐに慣れると思いますので、偉そうな態度を取り始めたら「何分時間稼ぎできるかな?」とか考えて楽しみに変えていきましょう。

まとめ

こういう嫌なお客さんを接客することがあるからセクキャバの時給は高いのです。

客層が悪いだけでなく、酔っぱらいも多いので、働く場合は相当な覚悟が必要と言うことを知っておいて下さい。

※お願い
もしこの記事をセクキャバを利用している男性の方が見ましたら、女の子の嫌がる行為を止めるようにして下さい。綺麗に遊んでいた方が女の子にモテるので結果的に楽しめると思いますし。

すぐにお金が欲しい人!

ガールズバイト「今日これから体験入店可能か?」「完全日払いしてくれるか?」など、すぐにお金が必要な女の子が欲しいと思っている情報がすべて掲載されているキャバ嬢求人サイトです。

もちろん体入時給も明記されているので、安いお店に間違って行ってしまうこともありません。

・ガールズバイト
https://girlsbaito.jp/

もっとお金が欲しい人!

テレビにやネットには月収100万円以上稼ぐキャバ嬢がたくさんいるので、「キャバクラで働いたらもっとたくさんのお金を稼げると思っていた・・・」なんて騙された気持ちでいる女の子も多いのではないでしょうか?

そんな女の子の中で、どうしてももっとお金稼がなければいけない事情がある人はセクキャバで働いてみてはどうでしょうか?

キャバクラに比べれて平均時給が1.5倍くらい高いので、同じ日数出勤すれば稼げる金額も1.5倍くらいになりますよ!

>>セクキャバの求人情報を見てみる

※セクキャバの求人情報だけでなく、オナクラやメンズエステの求人もあるので一度チェックしてみて下さい。

メルレしませんか?

メルレと言うのはメールレディのことで、スマホを使って男性とメールのやり取りをしたり、電話をしたりするお仕事です。

スマホだけで出来るネットのキャバ嬢と考えると理解しやすいと思います。

あまり有名な仕事では無く、女の子が足りていないので興味がある方は働いてみませんか?

>>メルレの仕事内容をもっと詳しく知りたい人はこちら!


-セクキャバ