体入ちゃん

キャバクラやガールズバーやセクキャバの面接に行く前に

出戻りしてしまうキャバ嬢が多い理由はクソみたいな昼職にしか就職できないからって知ってた?

キャバ嬢だけでなくセクキャバ嬢や風俗嬢もなのですが、夜職を上がって昼職を始めても長く続かず、すぐに夜の世界に出戻りしてしまう女の子は多いです。

「いつまでも夜の仕事をしてる訳にはいかない!」と覚悟を持って辞めたはずなのに・・・。

なぜ昼職を長く続けることができないのでしょうか?

※離婚
夜職を辞めた理由が結婚の場合、離婚と共に出戻る女の子が多いのですが、それは単純に生活費を稼ぐためです。

そもそも元キャバ嬢の離婚の原因は結婚してキャバ嬢を辞めて旦那の給料で暮らすようになったら貧乏過ぎた、好きな人となら貧乏でも大丈夫と思ったけど無理だったなどお金に関することが多く、シングルになった後はよりお金に執着してしまったりします。

昼職に将来を期待しすぎていた・・・

「キャバ嬢で稼げるのは若い間だけ」「オバサンになったら時給の低いスナックでしか働けない」のと逆に「昼職は年齢を重ねるとともにスキルが身について昇給していく」と思っていて、雇ってもらえる若い内に昼職に就かないといけないと考えてるキャバ嬢は多いですが、これは大きな間違いです。

大半の昼職も稼げるのは若い内だけです。

大学新卒で大手企業の総合職に採用されたのならば年齢と共に昇進や昇給もありますが、職歴の無いキャバ嬢が中途採用で就けるのは使い捨ての営業職、アパレルやエステシャンなどの美容系、派遣の事務などがほとんどなので、年齢を重ねても昇給しないどころか、どこかで雇い止めされてしまう可能性さえあります。

キャバ嬢が出戻りするのは「昼職の給料が少なくて不満だから」と考えている人は多いと思いますが、実はそんな単純なものではなく、「仕事が大変で、労働時間も長く、将来性も無いのに給料が少ない」のが不満なのです。

夜職を辞めて昼職を始めても、得られるのは世間体と親や彼氏の安心くらいです。

資格も意味ないですよ!

「資格を取れば就職できる」と信じて、キャバ嬢をしながら勉強を始める女の子もいたりしますが、資格を取っただけでそれなりの収入が得られる職に就けることはありません

高収入が得られるのは薬剤師や看護師と言った専門の学校にしっかり通って取る国家資格などで、医療事務、介護ヘルパー、ネイリストなどの資格では持っていても大した評価はされません。

そもそもこういう低収入資格職の人が生活費を稼ぐために週に1~2回だけキャバクラで働いているのを頻繁に見ていると思います。

夜職をしながら看護学校に行く人もいるのですが、卒業まで頑張れない人も多いですし、元キャバ嬢の看護師よりも看護師資格を持っているのにキャバ嬢をしてる人の方が多いくらいなので、資格を取る(取ろうとする)ために使ったお金や時間が無駄になってしまう可能性は高いです。

良い昼職を見つけたいなら

これはキャバ嬢に限らずですが、異業種に転職する時は時代の流れを読んで、単純に人手が足りていないのではなく、これから足りなくなりそうな業界に飛び込みましょう。

そういう業界は業務経験者が少ないので、未経験者でもすぐに正社員採用されますし、スタッフの数がどんどん増えていくので、頑張って働いてればすぐに末端の雑用からは解放され、マネジメント業務を任されるようになります。

伸びてる業界の例

直近で未経験の女性がどんどん就職していた業界はmeryを代表するようなキュレーションサイトを運営する会社ではないでしょうか?

IT系の全体で見れば昔に比べれば未経験だと就職しにくくなりましたが、細かく見ていくとその時その時に勢いの良い業界があり(キュレーションサイトの前はソーシャルゲームの運営会社でした)、そこを狙って行けば意外と簡単に就職できたりします。

キャバクラに来る若く羽振りの良いお客さんがどんな業界の人なのか探ってみるのも良いでしょう。

常に人手不足の業界はダメ

元キャバが正社員として多く働いているのは、保険、投資、不動産などの男性向けの営業職か、エステティシャンや美容部員などの女性向けの営業職です。

これらの職業は慢性的に人手不足なので未経験でも採用されるのですが(特に容姿が良い元キャバ嬢ならなおさら)、人手不足の原因が厳しいノルマによる退職率の高さなので、昼職を続けられずすぐに出戻りしてしまう可能性が高くなります。

介護業界も常に人手不足なのですが、その理由は低い給料と劣悪な労働環境で退職率が高いだけなので、こちらも近づいてはいけません。

昼職はつまらない

昼職を始めた時に1番苦痛と言いますか、つまらないと感じるのはチヤホヤされないことでしょう。

キャバ嬢時代はボーイに大切に扱われ、お客さんからは可愛いともてはやされたのに、昼職を始めると真逆の状態、特に同性の先輩などは気を遣ってくれないどころが、辛くあたってきたりするので、嫌な思いをたくさんすることになります。

夜の蝶とも呼ばれるキラキラしたキャバ嬢から、末端の雑用係になる逆シンデレラ状態なので、日々の生活がとてもつまらなくなると思います。

オシャレもできない

キャバ嬢はネイルサロンに通ったりヘアメイクしたりと着飾るのも仕事ですが、昼職を始めたらオシャレを我慢しなければいけないシーンもかなり増えます。

特に可愛い女の場合、目立ってしまうと同僚からの妬みを買ってしまうので、普通の人以上に気を遣って地味な外見にしなければいけなかったりもします。

キャバクラは個人主義的な職場ですが、昼職では集団行動が必須なので、周りの目を気にして疲れてしまうことも多いでしょう。

無理して昼職を探さなくても良い

「いつまでもキャバ嬢をやっている訳にはいかないから・・・」なんて言いながら焦って昼職を探す女の子は多いですが、やりたい仕事が無いのであればずっとキャバクラなどの水商売を続けていても良いと思います。

水商売が苦痛になってきてしまったのならば次の仕事を探すべきですが、そうで無いのであれば水商売を極めると言う道を選んでも良いのではないでしょうか?

また、「キャバクラで働けるのは○○歳まで」なんて言われますが、昼職だって職業によってはいつまでもできる訳ではなく、例えばプログラマーは35歳が限界で、それ以上になると現場ではつかえないなんて言われてますが、みんなきちんと生きていけているので、無暗に将来に対して不安になる必要は無いと思います。

無理なら出戻ろう!

将来を不安に感じたのならば、一度キャバクラを辞めて昼職をやってみるのも良いと思います。

ただし、その際に意地でも昼職を続けようとせずに、合わないと思ったらキャバクラに戻りましょう。

安い給料で好きでもないことをしても時間の無駄ですし、嫌々ながら働いて鬱病とかになったら目も当てられません。

「出戻りはカッコ悪い」と思うかもしれませんが、周りはそんなにあなたのことを気にしていませんし、どうしてもというならば他のキャバクラ店に面接に行けば良いだけです。

タイトルにも書きましたが、出戻りの女の子はとても多いので、目立つ事はありません。


すぐにお金が欲しい人!

ガールズバイト「今日これから体験入店可能か?」「完全日払いしてくれるか?」など、すぐにお金が必要な女の子が欲しいと思っている情報がすべて掲載されているキャバ嬢求人サイトです。

もちろん体入時給も明記されているので、安いお店に間違って行ってしまうこともありません。

・ガールズバイト
https://girlsbaito.jp/

もっとお金が欲しい人!

テレビにやネットには月収100万円以上稼ぐキャバ嬢がたくさんいるので、「キャバクラで働いたらもっとたくさんのお金を稼げると思っていた・・・」なんて騙された気持ちでいる女の子も多いのではないでしょうか?

そんな女の子の中で、どうしてももっとお金稼がなければいけない事情がある人はセクキャバで働いてみてはどうでしょうか?

キャバクラに比べれて平均時給が1.5倍くらい高いので、同じ日数出勤すれば稼げる金額も1.5倍くらいになりますよ!

>>セクキャバの求人情報を見てみる

※セクキャバの求人情報だけでなく、オナクラやメンズエステの求人もあるので一度チェックしてみて下さい。

メルレしませんか?

メルレと言うのはメールレディのことで、スマホを使って男性とメールのやり取りをしたり、電話をしたりするお仕事です。

スマホだけで出来るネットのキャバ嬢と考えると理解しやすいと思います。

あまり有名な仕事では無く、女の子が足りていないので興味がある方は働いてみませんか?

>>メルレの仕事内容をもっと詳しく知りたい人はこちら!


-キャバクラ